フード・ウェア・シニア&ケア

動物看護士さんに聞く!シニア犬との暮らし方

人と同じでわんちゃんの高齢化が進む現代。
シニア犬とは一般的に7歳以上のわんちゃんを指すそうです。でも、7歳のわんちゃんと触れ合うと「まだまだ元気!若い!」ですよね?犬の7歳は人でいうと40代。まだまだ現役です!



ただし、7歳が体に変化が訪れる、健康上の大きな節目であることも忘れてはいけません。わんちゃんを一番近くで見守る飼い主様にしか気づき得ない微妙な体の変化に気を配っていきたいですよね。



歯のケアってどうすればいいの?お散歩の仕方って変えた方がいい?足腰が弱くなってきたんだけど…睡眠時間が長くなってきた気がする…

シニア犬と暮らす飼い主様が抱えている悩みや質問について動物看護士の俵原(たわらはら)さんが答えてくれました。動画を2本ご覧ください。





いかがでしたか?シニア犬になってからのケアはもちろん、若いパピー犬の時から徐々に練習していくことが大事だということがわかりましたね。

シニア犬に限らずわんちゃんの変化に気づくことができるのは一番近くで過ごしている飼い主様だけなんです。なにか悩みがある際はお気軽に、スタッフにお尋ねくださいね。
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。