パンワールド

「パントタビスル」1月のおすすめは「パリジーノアンドアトリエドゥママン」のガレット・デ・ロワ

◎2020年1月 毎週月曜日(6日・13日・20日・27日) 正午入荷予定
◎1階 パンワールド イベント5「パントタビスル」

ガレット・デ・ロワってご存知ですか?実は私は知りませんでした。フェーブと呼ばれる焼き物が入っているフランスの伝統ある焼き菓子をなんです。年明けの1月6日(公現祭)に、家族で切り分け、この焼き物が入ったお菓子を引き当てた人はみんなに祝福を受け、その一年を幸運に過ごせるといいます。フランスではクリスマスが終わると、街のケーキ屋さんやパン屋さんにガレット・デ・ロワが並び始め、1月6日当日だけではなく1月の終わり頃まで楽しみます。

パイとアーモンドクリームというシンプルな焼き菓子なので、材料や配合、パイの折り方などで大きく違いがでます。またガレット・デ・ロワは見た目も美しく、一般的には様ざまな模様がありそれぞれに意味が込められています。「パントタビスル」のガレット・デ・ロワは『勝利』の意味、月桂樹の模様です。丸く平たい形にハッキリとクープが開いた月桂樹の模様の浮き出て、とても美しく焼き上げられています。


今回ガレット・デ・ロワをご紹介するのは、2018年の全国ガレットデロワのコンテストで準優勝に輝いた大阪・十三のベーカリー「パリジーノアンドアトリエドゥママン」。初めてのガレット・デ・ロワ、とっても楽しみです。
ガレット・デ・ロワ(1ピース/カット)465円
※阪神百貨店でのカット販売の物には誤飲防止のため、フェーブは入れておりません。ご了承くださいませ。


「パリジーノアンドアトリエドゥママン」のガレット・デ・ロワは、軽い口溶けのパイにこだわり、シチリア産のビターアーモンドクリームを使用しています。パイの表面のサクサク食感と中のアーモンドクリームのしっとり感はもちろんのこと、バターとラム酒の香りも楽しめるんです。


ホールでお買い上げの場合、店頭にてご予約を賜わります。
ガレット・デ・ロワ(1ホール)4,645円
※ホールでお買い上げの方のみフェーブをお付けいたします。

初めて頂いたガレット・デ・ロワ。あまりの美味しさに感動でした!クセになる美味しさでペロリと食べてしまいました。1月だけじゃモッタイナイ!また食べたくなる美味しさで、クリスマスケーキを食べるように毎年楽しみたいですね。
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。