イベント

石橋 裕史・庄村 久喜・神農 巌 3人展

■2月13日(水)~19日(火) ※最終日は午後4時閉場
■新館7階=美術画廊
■イベント

焼き上がった器の表面の釉薬をサンドブラストで段階的に削り、模様を描く独特の技法「彩刻磁」を生み出した石橋 裕史氏。

粘土と同じ素材である独自の釉薬を用い、彫りによる陰影と釉薬の濃淡で様々な白を表現した装飾技法「白妙彩磁」を開発した庄村 久喜氏。

磁土を水などで溶いた泥漿を筆で薄く幾重にも塗り重ねることによって滑らかで立体的な作品を作成する独自の技法「堆磁」を生み出した神農 巌氏。

会場では、三人三様の個性あふれる作品の数々を展示販売いたします。

石橋 裕史「彩刻瑠璃磁香炉」

■サイズ:径14.5×高さ9.5cm

庄村 久喜「白妙彩磁壺」

■サイズ:径18.5×高さ25cm

神農 巌「堆磁瓶」

■サイズ:径12.5×高さ21.5cm

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。