パンワールド

進化するパン屋 和歌山「ベッカライ_ビス_バルト」

◎10月6日(火)のみ
◎1階 パンワールド売場

こんにちは~リイです

パンシェルジュ1級 榎友寿さんが手がける「パントタビスル」が10月6日で2周年を迎えます

それに合わせて、10月6日(火)に出店してくださる和歌山の「ベッカライ_ビス_バルト」さん

関西のパン屋さんもインスタグラムをフォローしているくらい、知る人ぞ知るパン屋さんです

クロワッサン好きのリイはいてもたってもいられず

やっぱり行っちゃいました

クロワッサンを大阪まで無事に連れて帰るため、カゴバッグ持参です


JRきのくに線の藤並駅で降りました。ここから徒歩10分ほどです


シェフから、

「パン屋と書いているわけではないのでわかりづらいかも」

と聞いていましたが、真っ白い建物と看板ですぐにわかりました

パッと見、セレクトショップかバーかもと思うようなおしゃれなお店です

入ってみると、ずらっと並んだ綺麗なパン

しかも、お客様がいっぱい人気の高さがうかがえます。

神戸や京都からわざわざ来られる方も多いそう。


「ベッカライ_ビス_バルト」さんと言えば、クロワッサンというくらい人気があるので、クロワッサンを選びました

電車の中で食べたいのを我慢して、カゴバッグに入れて大事に大事に持って帰りました



パリパリザクザクのデニッシュ生地に、豊かなバターの風味。噛めば噛むほど甘みが増します。

ハムとチーズを挟んだクロワッサンは最後の1個をget
クロワッサンととろけたチーズと相性バツグンでした

そして、こちらがシャインマスカットとナガノパープルのデニッシュ。

とにかく見た目が美しい

デザートのお皿に乗せたくなるようなビジュアル。

ジューシーなシャインマスカットとナガノパープルにカスタードクリーム、細かい層のデニッシュがめちゃくちゃおいしいです

シェフはとてもお忙しそうで、ゆっくりお話する時間はなかったのですが、それも全ておいしいパンを作るために日々向き合っているからこそ

いつも持っているのは、昨日より美味しく美しく、また明日はさらにその上をという絶え間ない向上心と探究心。

人に負けたくない、負けず嫌いで、でも人一倍不器用なんだそうです。

それでも、誰かがやっているのだから、自分にできないことはない、努力でどうにかなる。

毎日まっすぐにパンに向き合ってらっしゃいます。

そして、たくさんの人との出会いがあったからこそ、今があるというシェフ。

人と人との繋がりをとても大切にされています

今回、パントタビスルの榎さんからのお声がけがあり、遠い大阪にはるばる出店してくださることに

おいしいパンは、人と人を繋いでくれるのかな、と思ったりします。

大阪のお客様にも、シェフのパンのおいしさをお届けできたら、私もとても嬉しいです

今に満足することなく進化し続ける、和歌山「ベッカライ_ビス_バルト」は、パンワールドに10月6日(火)のみ出店です

同じく10月6日(火)出店の京都「パン処太陽」のブログは→コチラ

ご来店お待ちしております

パンワールドでは、ナビゲーター岩城がInstagramを始めました
パンシェルジュ3級を目指しながら、おいしいパンを求めて日々奮闘しています
是非ご覧くださいませ。→コチラ
リイ
後方部門で働くマイペースな主婦。
パンはデニッシュ、クロワッサン、フルーツサンドが好き。
レモンとチーズケーキをこよなく愛しています。
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。