ハッピーテーブル

寒い冬におススメの酒粕レシピでカラダぽかぽか。甘酒でほっこりしませんか。

優しい甘味とコクが感じられる石川県輪島市にある白藤酒造店の「奥能登の白菊」。多くは手作業で、昼夜問わず温度管理、山から引かれた軟水の仕込み水を用いています。搾りは佐瀬式とよばれる方式で、2日かけてゆっくり丁寧にしぼられた純米吟醸酒。関西の百貨店ではなかなかお目にかかれない「奥能登の白菊」。その「酒粕」ってどんな感じか興味がわきませんか?穏やかでやわらかな風味を楽しめます。


優しい甘味とコクが感じられる酒粕。
「奥能登の白菊」酒粕(500g)380円
※販売数に限りがございます。

酒粕をお湯で溶かして適量のお砂糖を加えるだけで簡単に甘酒が作れます。目安は酒粕1にお湯4。毎日の日課になりそう。

米の旨みが甘みとして感じられ、料理の味わいをより一層引き立てます。
「奥能登の白菊」純米吟醸(720ml)2,160円

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。