こっとうスタイル

秋の夜長を楽しむ漆器~麗しい漆~
ぬくもりあふれる懐かしい漆器を、日常生活に取り入れてみる。

秋が深まり夜が長くなってくると、食事やお酒、お茶などをゆっくり楽しみたいもの。
そんな秋の雰囲気にぴったりとくるような、お椀やお皿、鉢や盃などの漆器を取り揃えました。

落ち着いた雰囲気にも高級感のある漆器は、現代のライフスタイルにもしっくり馴染みます。お正月にぴったりなお椀。もちろん日常使いで、具だくさんのお味噌汁や煮物を入れてもいいですね。
木製秀衡椀(ひでひらわん)3,240円
木製丸膳 5,400円

何とも落ち着きのある鳳凰蒔絵を施した木製漆塗りのお皿。秋の夜長に、このお皿にお菓子を並べてお茶を飲みながらちょっと夜更かし、なんていかがでしょう?
鳳凰蒔絵木皿(1880年頃)1,080円

松葉と梅花の蒔絵をあしらった、木製漆塗りの二段の重箱は上品で高級感のある仕上がりになっています。
中は艶やかな朱色で、盛りつけたお料理を一層華やかに印象付けます。小ぶりだからお茶菓子を入れるのもおしゃれですね。
昭和レトロ二段重(昭和30~40年代)2,160円

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。