こっとうスタイル

白地に映える深みのある“青”の器~青の色々~

◎8月20日(火)まで
◎9階 こっとう品売場

~青の色々~
磁器の〝青”は白色によく映え、青の濃淡で優しく見えたり、力強く見えたり、どの青も美しく印象的です。こっとう品売場では、さまざまな〝青”をご紹介。きっとお気に入りに出会えますよ。



「マイセン」は今でも絵付けは職人たちによってすべて手描きで行われています。その美しさは一度は手にしてみたい憧れの存在です。白い磁器に深い青が美しくて、いつまでも眺めていたくなります。
「マイセン」クリサンチウム カップ&ソーサー(一客)34,560円



明治時代の陶業家・加藤周兵衛の作品。やわらかい“青”と細やかな絵付けはリビングやダイニングに自然に馴染んでくれます。
「白雲堂 二代 加藤周兵衛」
染付 菊桐文 長皿 19,440円 
鳳凰と唐草 シュガーポット 21,600円 


透き通るような白地に美しい絵付けが魅力的です。濃い青が美しく映えるお猪口は、絵付けが一つひとつ違い、コレクションする“こっとう女子”も多いんですよ。
伊万里 芙蓉手のぞき猪口 各12,960円


心落ち着く素敵な“青”。ぜひ、店頭でお気に入りを見つけてくださいね。
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。