こっとうスタイル

癒しのMingei

◎10月31日(土)まで
◎8階 こっとう売場

みなさまこんにちは、すっかり涼しくなってきましたね
お出かけしやすくなってきたので、気になっていた骨董市やヴィンテージショップを巡ろうと計画しているSちゃんです

さて、現在8階こっとう売り場にて開催中の【癒しのMingei】を覗いてきました
売り場のお引越しに伴い、『かわいい』こっとうがパワーアップしております バイヤーkimuraと沢山目移りしましたが、その中でもオススメの3点をご紹介いたします 。



玩具こけし(作:蔦衛) 18,000円

売り場に入ってすぐ目が合ったのが、帽子に蝶ネクタイのオシャレなこの子
Sちゃんは、真ん中にちびっ子発見しました。君は何者
ポップでキュートな表情とどこか懐かしいフォルムで、そのアンバランスさが絶妙にかわいいです
手で押して走らせてみると、真ん中のちびっ子がくるくる回ります…かわいい… 。お家に飾るもよし、走らせるもよし、とにかく癒されます
この作者の蔦衛(つた まもる)は、山形県米沢市小野川でつたや物産店を経営しながら、弥治郎系の伝統こけしの技術を基礎に製作を続けた高名なこけし工人です。



中鉢(美濃焼) 1,500円

シンプルでかわいいすまし顔の鳥さんが描かれたお皿です
こちらは多治見の陶器メーカーによるビンテージ食器で、様々な国のデザインを取り入れた器シリーズのひとつだそう 。なるほど、落ち着いた色味で何を盛っても合いそうです ね!あと、サイズ感もちょうど良さそうです
Sちゃん的には今の季節は柿や梨など、秋のフルーツを盛りたいなぁ。食欲の秋はとまりません



九谷 なます皿 3,000円 / 小皿(九谷焼) 1,000円

最後はコチラのお皿です!
百人一首のカルタが描かれていて、その中の 六歌仙たちの表情がゆるくてたまりません
細かい絵柄やハッキリした色使いに、さらに金色で縁取られているのですが、派手すぎずまとまっていて、不思議で魅力的なお皿です このまま飾っても素敵ですし、小皿などはあえてアクセサリートレイとして使ってもかわいいなと思いました。
こういった緻密な絵柄を施した工芸作品は、明治期に日本中で沢山作られ、現在では「超絶技巧」と呼ばれ、世界中で人気のあるアイテムだそう この器も、そういった「超絶技巧」の流れを汲んだ作品です。

是非新しくなった 8階 こっとう売り場 にてお気に入りの癒しアイテムを探してみてくださいね


こっとうスタイルでは、バイヤーkimuraのInstagramを更新中
骨董市を覗いたり、純喫茶で一息ついたり、もちろんイベント情報も!
こっとう&アートバイヤーkimuraの日常をゆる~くお届け中です是非ご覧ください。→コチラ
Sちゃん
後方スタッフとして働くアラサー女子。
かわいいものに目がない。凝り性。
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。