全館テーマ

高さ約4mのモミの木が登場!
もふもふ、キラキラ、
阪神梅田本店のクリスマスデコレーション

12月25日(火)まで
◎全館



いよいよクリスマスシーズンがやってきました!

クリスマスのイルミネーションやオーナメントで街中も盛り上がってきましたね。

阪神梅田本店もクリスマスのデコレーションが華やかに彩っています。



※中井本人による自画像です。

今回は装飾担当の中井に話を聞いてきました!

中井によると、今年の阪神梅田本店のクリスマスデコレーションのポイントは「店内をどう“暖かく”見せるか」。

「6月に第I期棟がオープンし新しい阪神になったので、何か新しいことをやりたい」という思いもあり、たくさんの案を検討した結果、「視覚的」に、そして「素材感」で、暖かさを表現することになったそうです。




暖かさを視覚的に表現する方法として取り入れたのが、“オレンジの光”。

店内の電飾にオレンジ色(電球色)のものを選び、暖色系のやわらかな光で暖かみのある空間を演出しました。




2階のデッキにはこのライトを使った華やかなイルミネーションが!

ライトアップは期間中、毎日日没から午後10時頃まで。

約1万個のあたたかな光に包まれる、ロマンチックな空間をお楽しみください。


そして実はこのイルミネーション、なんと施工に1週間もかかったそうです!

日中はお客様のご迷惑になってしまうので、作業ができるのはデッキの閉鎖時間である深夜0時45分から朝4時30分までのみ。

夜を徹して頑張りました!




店内2階から7階の北側エスカレーター前にも、同じライトでデコレーションしたツリーを置いています。





暖かさを表現するもう1つのポイントが「素材感」。

店内のツリーの飾りとして、毛糸で作ったポンポンを使用しました。




8階のテラスには、今年の阪神梅田本店のシンボルツリーとして高さ約4メートルの本物のモミの木が登場!

窓から自然光がたっぷりと入る開放的なこの空間には本物の木を使うことにこだわりました。

大きなモミの木に、たくさんの“もふもふ”したポンポンと“キラキラ”のライト。

かわいくてあたたかい阪神梅田本店のシンボルツリーをぜひご覧ください。



※画像はイメージです。

また、12月5日(水)からは、3階から7階の北側エスカレーター前に「もふもふツリー」が登場します!

こちらは触れたり抱きついたりしてふわふわもふもふを楽しんでいただけるよう、幹の太さやコブの形などのフォルム、芯の部分の素材にもこだわりました。

表地もムートン、ボア、タオル地など、様々な素材のものを実際に触り比べ、肌触りの良さはもちろん、色合いや清潔感なども考慮し厳選しました。

また、表時の縫製は、触れたときに肌を傷つけたりすることがないよう、部分により3種類の縫い方を使い分けています。



今後も様々なクリスマスデコレーションが店内各所に登場する予定です!

ぜひ探してみてくださいね。


見て、触って、阪神梅田本店のあたたかなクリスマスを体感してください。
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。