心地よい暮らしのあれこれ

MIZUTAMA ASOBI
副千製陶所~水玉模様のうつわ~

◎6月9日(水)~29日(火) ※最終日は午後5時終了 ※当面の間、土・日曜日は休業となります。
◎本館6階 ライフスタイルイベントコーナー

佐賀県嬉野市にある窯元「副千製陶所」から、水玉の器をご紹介いたします。ぼんやりと白く煙る視界に映る、職人のリズミカルな動作。うつわ全体に施されてゆく伝統の水玉模様。ドリル状のリューターという道具を使い、ひとつひとつ削って描き出す、どこか懐かしい愛着を誘うデザインをぜひご覧ください。

手前左)水玉D型全面フリーカップ 1,760円
◎サイズ:口径約10.0×高さ8.1cm

手前右)水玉全面飯碗 1,760円
◎サイズ:口径11.7×高さ5.7cm

奥)水玉蓋丼 6,600円
◎サイズ:口径約11.5×高さ14.0cm



マルチドットポット 5,500円
◎容量:約500ml

マルチドット仙茶 1,760円
◎サイズ:口径約7.5×高さ6.5cm



象嵌カップ 各1,760円
◎サイズ:口径約7.6×高さ6.2cm 

象嵌丸土瓶 各5,500円
◎容量:約500ml



色釉象嵌(紺)丸皿 2,750円
◎サイズ:直径約15.8×高さ2.4cm



「副千(そえせん)製陶所」
佐賀県嬉野市にある吉田という小さな集落で、吉田焼の代名詞といえる水玉模様の茶器を生産する窯元です。先祖、家族、職人が、丸い心でつながり貫く手仕事。時代に合わせた水玉模様を追求しながらも、ひとつひとつ手彫りで仕上げる伝統技法を受け継いでいます。腕あってもなお、毎回が真剣勝負の“掻きおとし”の技法を応用し、新たな商品開発に取り組んでいます。


MIZUTAMA ASOBI
「副千製陶所」のほかにも期間限定で登場する水玉アイテムをぜひ。

◎6月9日(水)~29日(火)
~手ぬぐい&風呂敷~ 詳しくはこちら>>>

◎6月16日(水)~22日(火)
癒庭泉(ゆていせん)~苔玉~ 詳しくはこちら>>>

◎6月23日(水)~29日(火)
ギエモン~久留米かすり~ 詳しくはこちら>>>

※いずれも神戸阪急 MIZUTAMA ASOBI各ページへリンクいたします。



※写真はイメージです。

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ
神戸阪急

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。