家族みんなのすくすくライフ

端午の節句~阪急の特選五月人形 2021~

◎早期販売会:3月16日(火)まで
◎本館9階 特設会場

※詳しくは売場係員までおたずねください。

【五月人形 早期販売会】

期間中、110,000円以上の対象商品をお買い上げのお客様には、15%の割引をいたします。
※但し、ペルソナカード、エメラルドスタシアカード、阪急阪神お得意様カードのクレジットカードのご利用に限ります。詳しくは売場係員におたずねください。

◎4月13日(火)~28日(水)は、下記へ移設いたします。
◎本館6階 ライフスタイルイベントコーナー
※最終日は午後5時終了


【五月人形と端午の節句の起源】
端午の節句は奈良時代に始まったといわれています。この頃、朝廷では5月5日に健康を保って邪気をはらう力があるとされる菖蒲を飾って無病息災を祈る節会(せちえ)を行っていました。そして、時代とともに菖蒲湯で入浴し、菖蒲酒を飲み、菖蒲枕で寝るなど菖蒲を様々に用いるようになり、“菖蒲の節句”と呼ばれるようになったのです。

鎌倉時代に入ると“菖蒲”の音が“尚武”と同じことから、武士を尊ぶ(尚武)行事へと移っていきます。さらに江戸時代になると、後継ぎの男の子が勇ましく成長することを願う節句として定着。兜や鎧、武具を飾るようになりました。それが町人の間でも広まり、鯉のぼりを立てたり、鎧兜をつけた人形が飾られるようになったのが現代まで受け継がれています。

※写真はイメージです。

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ
神戸阪急

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。