お知らせ・ご案内

坂部隆芳展

◎12月1日(水)~6日(月)
◎本館9階 催場
※催し最終日は午後5時終了

静岡県に生まれた坂部隆芳。
現在は東西の文化が交差するトルコのイスタンブールで制作活動を続けています。東洋画が持つ深い精神性と神秘性が漂う作品は、日本画にも洋画にもない独自の作風。静寂の中の張り詰めた空気が静かな時間の流れを感じさせ、心に響く世界を創りあげています。



まず、一度完成させた映像を壊すことから始まる
その壊れた破片の中から
自分の好きなものを選び出し
再び組み立ててみる そこには
今まで観たこともない美しい映像が蘇るはず

生は死の中にあり
死は生の中にある

過ぎゆく瞬間、瞬間は絶対に取り戻すことのできない死そのもの

私たちは今を生きている
過去はなく
未来もない
あるのは、ただ今だけ

森の中に入ると、その静けさに圧倒される
絵はその静謐感にどこまで近づけるかである

若葉より、枯葉の方が生を強く感じるのはなぜだろうか

私はオブジェを描かない、その周りを取り巻く空気と時間を描く

隙がなく生きながらにして死を備えている
生と死の間をゆっくりと、そして枯葉が落ちるように
素早く舞うのである。

2021年4月22日アトリエにて
坂部隆芳


[お客様へのお願い]
マスクの着用、フィジカルディスタンスの確保などのご協力をお願い申し上げます。
店内では、安全・安心の確保を第一に、新型コロナウイルス感染防止策を実施いたしております。

  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
記事一覧へ
神戸阪急

表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。